FC2ブログ
★ダービージョッキー★競馬お気楽コラム
競馬に関するコラム。競馬にまつわるおはなし。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の厳選予想は、こちらから!!
★応援お願いします人気blogランキング ブログ村


ベルモントS、牝馬が102年ぶりの快挙
9日、米・ベルモントパーク競馬場で行われたアメリカ3冠の最終戦・ベルモントS(3歳、米G1・ダート12f)は、J.ヴェラスケス騎手騎乗の2番人気ラグストゥリッチズ Rags to Riches(牝3、米・T.プレッチャー厩舎)が、中団追走から4角で先頭に立つと、1番人気に推されたプリークネスSの覇者カーリン Curlinとの叩き合いをアタマ差制して優勝。1905年のターニャ Tanya以来、102年ぶり3頭目となる牝馬によるベルモントS優勝の歴史的快挙を成し遂げた。勝ちタイムは2分28秒74(良)。さらに5.1/2馬身離れた3着には4番人気ティアゴ Tiagoが入り、3番人気ハードスパン Hard Spanは4着に敗れた。

 勝ったラグズトゥリッチズは、父A.P.Indy、母はデムワーゼルS(米G2)勝ち馬Better Than Honour(その父Deputy Minister)、祖母はケンタッキーオークス馬Blush with Prideという血統の米国産馬。05年キーンランドセプテンバーイヤリングセールにて190万ドルで落札されていた。半兄に昨年のベルモントSを勝ったジャジル Jazil(牡4、米・K.マクラフリン厩舎、父Seeking the Gold)がおり、2年連続での兄妹制覇。さらに父A.P.Indyも92年の同レースを勝っており、同時に父娘制覇も果たした。半弟のカジノドライヴ(牡2、父Mineshaft)は美浦・藤沢和雄厩舎からデビュー予定。

 昨年6月のデビュー戦は4着に敗れたが、約7か月ぶりとなった2戦目を6馬身差で快勝。3戦目のラスヴァージネスS(米G1・ダート8f)で初重賞勝ちを収めた。続くサンタアニタオークス(米G1・ダート8.5f)を5.1/2馬身差で圧勝し、さらにケンタッキーオークス(米G1・ダート9.5f)も4.1/4馬身差で快勝。今回が初めての牡馬との対戦だったが、見事勝利を収めてG1・4連勝を飾った。通算成績6戦5勝(重賞4勝)。

日本では64年ぶり、アメリカでは102年ぶり!
今年は牝馬の年なのかも?
じゃ、宝塚も?
スポンサーサイト
今週の厳選予想は、こちらから!!
★応援お願いします人気blogランキング ブログ村


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://derbyjockey.blog6.fc2.com/tb.php/348-1506150d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。